校長あいさつ

校長 飯田 春彦

 韮崎高等学校のホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 本校は、大正12年に峡北地域で初めての旧制中学校として創立され、本年で98周年を迎えます。「百折不撓」の校訓のもと、「人間を育てる」を教育方針として掲げ、多くの生徒が「文武両道」に励んでいる県内有数の伝統校であります。

 創立以来、同窓生は31,000人を超え、地域をはじめ、国内外の幅広い分野で活躍する多くの人材を輩出してきました。その中には、2015年ノーベル医学・生理学賞を受賞された大村智博士、サッカー界のレジェンド中田英寿さんもいらっしゃいます。

 

 こうした歴史と伝統ある本校は、2年後に百周年を迎えることもあり、本年度入学生から制服をリニューアルいたし、新たな一歩を踏み出すことになります。生徒たちは、歴代の諸先輩方が築いてこられた古きよき伝統を継承しつつも、新しい時代を創造し、世界に羽ばたき、社会に貢献できる人間として成長できるよう、常に高い志をもって、八ヶ岳おろしに身体を鍛え、塩川の流れに心を清め、何度失敗しても志を変えない不屈の精神で、充実した学校生活を送っております。

 さて、本年度新型コロナウイルス感染拡大のため、始業式・入学式も実施延期となるなど、学校教育活動のスタートが切れない非常事態が続いております。このような状況におかれても、百折不撓の精神で困難や試練に立ち向かうたくましい心をもった韮高生であり、さらに他者や社会のために思いやりをもって接する人間であってほしいと願っております。

 本年度は新たに「プラス1」「一歩前へ」「困難に打ち勝つ」というスローガンを掲げました。一人一人が一歩前に踏み出す勇気と困難に打ち勝つたくましい心をもち、プラス1を達成するために努力と精進を続けることで、韮崎高校はさらに進化を続けてまいります。

 今後とも、ホームページを通して、たくさんの皆様方に韮崎高校を御理解いただき、温かく見守っていただければ幸いです。御声援よろしくお願いいたします。