校長あいさつ

 

校長 今村 勇二

 

 韮崎高等学校のホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

 本校は、大正十二年に峡北地域で初めての旧制中学校として創立され、本年で99周年を迎えます。「百折不撓」の校訓のもと、「人間を育てる」を教育方針として掲げ、多くの生徒が「文武両道」に励んでいる県内有数の伝統校であります。

 創立以来、同窓生は三万一千人を超え、地域をはじめ、国内外の幅広い分野で活躍する多くの人材を輩出してきました。その中には、2015年ノーベル医学・生理学賞を受賞された大村智博士や、サッカー界のレジェンド中田英寿さんもいらっしゃいます。

 本校では、生徒を知・徳・体のバランスのとれた人間に育てるため、様々な教育活動を展開しています。特に、文部科学省のスーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)のⅡ期指定を受け、科学への強い興味関心と国際感覚を身につけた未来社会を担う人材の育成を目指しています。また、国際交流(オーストラリアやアメリカ)も行われ、グローバルな視点をもった人材の育成に努めています。

 しかしながら、今般の新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの教育活動が中止等になっています。このようなピンチをチャンスに変えられるよう、今までの経験や知識を駆使して何ができるかを「想像」し、前例のなかったことを「創造」するなど、主体的に考えさせる教育活動を推進し、予測困難な新たな時代に必要となる資質・能力を育成してまいります。

 ひたむきで意欲的な生徒と、熱心で信頼できる教師により、本校の教育活動はさらに進化を続けてまいります。

 今後とも、ホームページを通して、たくさんの皆様方に韮崎高校を御理解いただき、温かく見守っていただければ幸いです。御声援よろしくお願いいたします。